最近増えている「ペットの葬儀」。家族として人間と同じように見送りたい

■近年増えている、ペットの葬儀

近年、亡くなったペットに対して葬儀をしてあげたいと願う飼い主さんが増えています。

PR TIMESでの発表によると、2020年に行われた調査で「ペットが亡くなった後、火葬を選択している人の割合」は75.7%に達することがわかりました。なぜ今、ペットの葬儀方法として火葬が選ばれているのでしょうか?

そこで今回は、ペット葬儀が増えている理由を紹介します。

■ペット葬儀が増えている理由

ペット葬儀が増えている理由として、実際に火葬を行った飼い主さんの声を紹介します。

▽「ペット霊園」での火葬を選んだ人の声

・骨を家に持ち帰って、しっかりと供養してあげたかったから

・これまで供養したペットたちも同じ方法だったから

・家族の一員として、人間と同じようにしたかったから

・丁寧に弔ってあげたかったから

・人間の99%は火葬だから、ペットもそれが一番良い供養だと思ったから

▽「移動火葬車」での火葬を選んだ人の声

・自宅まで来てくれるため、遺体を運ぶ必要がないから

・目の前で直接火葬してもらえるので安心感があったから

・動物病院でたまたま見つけて、料金も安かったから

・知人が半年前に利用したと聞いたから

・海洋散骨に対応している業者を探していて、見つけたところが移動火葬車だったから

▽「自治体」での火葬を選んだ人の声

・料金が安かったから

・動物病院で紹介された寺院は料金設定が高かったから

・コロナで前回使った霊園が休んでいたから

・自治体なので安心だから

■ペット霊園に決めた理由

ペットの火葬や供養を行ってくれるペット霊園ですが、飼い主さん達はどういった理由で決めているのか、実際の声を紹介します。

・一度見学した時に施設を気に入ったから

・家の近くにあって、移動が楽だったから

・火葬の後、遺骨をきちんと返却してくれるから

・友人から良いと聞いていたから

・過去に利用経験があったから

・動物病院のかかりつけ医の紹介があったから

・施設が立派でキレイだったから

・ネットでのレビューが良かったから

・火葬後の納骨もできて、いつでも供養に行くことができるから

・説明してくれた人の対応が良く、料金も良心的だったから

理由はさまざまですが、共通しているのは「飼い主さまがペットを大切に思う、その気持ち」。

ペットが元気なうちに、色んな人の声を聞いてみたり、情報を集めて家族で話し合ってみたりすることで、万が一のときも後悔のない選択をすることができます。

タイトルとURLをコピーしました