モルモットが亡くなってしまったら…|見送りに「火葬」はできる?遺骨は残る?

■モルモットが亡くなる前に考えたい、最期のお見送りについて

モルモットは愛らしい見た目と、犬や猫のように大きな鳴き声をあげる心配もなくマンション住まいの方なども安心して飼えることから、近年ペットとして家族に迎え入れる飼い主さんが増えています。

そんなモルモットですが、平均寿命は「5〜6年程度」とされていて、人間や他のペットの多くと比べても残念ながらとても短いです。

これまで大切に育ててきたモルモットとの別れの瞬間はとてもつらく悲しいですが、大切な家族の一員だからこそ、飼い主として最期をどう見送ってあげられるのか…を考えておきたいですよね。

そこで今回は、モルモットの火葬や供養でできることをご紹介します。

■亡くなった直後~火葬まで

モルモットが亡くなった後、飼い主さまには何ができるでしょうか。

葬儀については、火葬がおすすめです。

火葬以外に土葬という選択肢もありますが、土に直接埋めることから「害虫の発生」や「悪臭の問題」、「他の動物やカラスに掘り起こされる」といった危険性もあるため、近年では火葬を選択する飼い主さまも増えてきています。

ペットの火葬…というと犬や猫の火葬を想像する飼い主さまも多いのですが、モルモットをはじめとした小動物の火葬を受け付けてくれる業者も多数あります。

さらに火葬を行うと、遺骨もきれいに残った状態で返却してもらえるため、飼い主さまによってはお墓を建てたり、納骨をされたりする方もいらっしゃいます。

また、いつもそばに入れるよう遺骨をそのまま残す方や、遺灰をペンダントなどにいれてもらう方など、それぞれの方法でペットの別れ方や思い出との向き合い方を選択されています。

しかし、火葬を行うには業者の選定などで時間がかかってしまうこともあるため、遺体を安全な場所に安置しておく必要があります。

■遺体をきれいに保存するために

細菌の影響から遺体は時間の経過とともに腐敗してしまうため、慎重に取り扱わなければなりません。

まず、箱と保冷材を用意し、モルモットの脇やお腹、身体の下に保冷剤を差し込み、しっかりと身体を冷やした状態で箱の中に安置しましょう。

さらに死亡からしばらく経つと死後硬直が始まるため、もがいたり苦しんだ状態で死んでしまった場合には自然な体勢に戻してあげたり、目や口が空いていれば閉じてあげたりしましょう。

動物は死んでしまうと、排泄物や体液が体外に漏れ出てしまうことがあります。

その場合は、飼い主さまが濡れタオルやウェットティッシュなどを使って優しくふき取ってきれいにしてあげてください。

■火葬はどこに依頼したらいい?業者選定の基準とは

モルモットの火葬には、「行政(地方自治体)」と「民間の業者」の2種類の依頼先があります。

ただし、行政の場合は料金設定が安価である一方、遺骨を返却してもらえません。また、地域によっては遺体を廃棄物やゴミとして扱われてしまうこともあるため、事前に問合せてご自身が納得できる方法で依頼することができるかをしっかり確認してください。

こうした事情もあって、火葬の依頼先を選ぶ際は「民間の業者」を選択し、人間と同じように火葬を執り行う飼い主さまも増えてきています。

民間の業者を選ぶ際は、動物病院から紹介してもらったり、インターネットで「ペット葬儀業者」や「ペット霊園」などと入力して検索したりすることで、見つけることができるはずです。

モルモットの火葬についての方法や、遺骨の引き渡し方などは各業者によって案内が異なることもあるため、やはり事前にしっかりと確認をして、安心して依頼できる業者を選んでくださいね。

■お供えは、生前好きだったものを、思いを込めて

モルモットへのお供え物は、飼い主さまによってさまざま。

ですが、これまで家族同然に育ててきたモルモットとの最期のお別れなので、感謝の気持ちを込めて思い出深いものなどを用意してあげると良いのではないでしょうか。

よくあるものとして、まずは「お花」です。

人間も故人を偲ぶために献花を用意しますが、死んでしまったモルモットへのお供え物としても定番と言えます。人間の葬儀のように花の種類に細かな決まりもありませんので、普段使っていたハウスやおもちゃなどのお気にいりの色の花を選んであげても良いかもしれません。

「食べ物」や「おもちゃ」も良いでしょう。

生前大好きだったごはんやよく遊んでいたおもちゃをお供えすることで、モルモットとの思い出をしのぶことができます。

いつか来てしまう悲しいお別れの時に、飼い主さまがすべきことを予め考えておくことで、お別れまでの時間をゆっくりと過ごせるかもしれません。

家族で話をしてみたり、調べてみたりして、万が一の時に慌てないでできるように備えてみてください。

タイトルとURLをコピーしました